キャバドレスのロングが大人っぽさを助長!

洋服を綺麗に保管しよう

女性

綺麗に保管する方法です

せっかく買ったお気に入りの洋服はきれいに保管したいものですよね。とくに、結婚式のドレスなどは普段はしまいっぱなしということも多いと思います。キャバ嬢さんなどはドレスをたくさんもっているぶん、保管が大変なのではないでしょうか。久しぶりに着ようとクローゼットから出したら虫食いがあったり、クリーニングに出したはずなのにカビてしまっていたり、キャバ嬢さんの戦闘服でもあるドレスが、残念なことになったら落ち込みます。ではどんなふうにお手入れをすれば美しいままで保管することができるのか、いくつか紹介します。まず、カビを防ぐ方法です。これには通気性を良くすることが大切です。一度ついたカビは落とすは難しいので、通気性の良い桐箪笥などで保管するのがオススメです。忙しいキャバ嬢さんはドレスをクリーニングにだしたまま、ということもあるかもしれませんが注意が必要です。クリーニングから戻ってきたときのビニール袋にいれたままはやめましょう。ビニールは通気性が悪いので、不織布といった通気性のよいカバーを使ってください。長期間着ないドレスは、専門業者に頼んでクリーニング後に真空パックにする方法もあり、こうすると長期間の保管ができます。次に防虫剤を使用する方法です。クローゼットや箪笥など、用途にあった防虫剤を選ぶと効果は高くなります。防虫剤にも用法、容量があるので説明を読んで正しく使用してください。キャバ嬢さんのドレスは装飾が細かかったり、繊細なレースをつかっていたり、華やかなものが多いです。生地によっては日光や蛍光灯の光で退色する場合もあります。直射日光など強い光が当たらない暗いところで保管してください。難しいと思われるドレスの保管ですが、自宅でできることは多いです。購入したお店に保管方法をきくのもいいですよ。